exhibition/event 2019年 展覧会・イベントスケジュール

2019年も、作家の多様な背景に迫る展覧会、他領域との共同、地域社会との関わりを探り、それぞれについてじっくり熟成させる年にしたいと思います。

企画協力
会場=大阪成蹊大学芸術学部 ギャラリー space B
下出和美展 "Photosynthesis"
2019年04月17日(水)〜05月10日(金)12〜18時
期間中の休み=4月20日(土)・21日(日)、4月27日(土)〜5月5日(日)

 会場風景
こちらで詳細をご確認ください。


*以下は終了しました。ご来場ありがとうございました。

会場=米原市伊吹山文化資料館
「春休みの遺跡」
〜米原市杉沢遺跡の考古×美術プロジェクト〜
2019年02月26日(火)〜03月31日(日)

米原市埋蔵文化財活用プロジェクト(主催:米原市教育委員会)に関連する展覧会。 現代美術作家:横谷奈歩が取り組むアート&アーケオロジーの一環。
詳細について、以下のフライヤーをご参照ください。
春休みの遺跡チラシ(表)
春休みの遺跡チラシ(裏)


終了しました
2019年04月10日(水)〜21日(日) 11~19時(最終日は17時まで)・15日(月)と16日(火)休み
10th-21st April
gallery hours : 11~19:00 *11~17:00 on 21st April
closed on Monday 15 & Tuesday 16

room A=林 敦子個展「水のかたち」 / Atsuko Hayashi:”Shape" of water
room B=西村勇人個展 ”Commons" / Hayato Nishimura ”Commons"



林 敦子(フォトグラム)
<水のかたち>シリーズは、フォトグラムという技法を使って制作している。 フォトグラムとは、カメラという眼差しを通さず、印画紙から直接 異次元の視界を得ることのできる写真技法である。
飲料用のペットボトルは、使い捨てという宿命を負った容器であるにも関わらず、その形態は多様化を極めている。
私は出来るだけたくさんのペットボトルを集め、そこに水を詰めて、写真という装置にかけてみることにした。
光を受け、ペットボトルの中で乱反射する水を、印画紙は化学反応によって写し取る。
そこに現れたのは、形を持たない水の、あるひとつの表情であり人間の目では見ることの出来ない光の痕跡である。
<水のかたち>は、実在と不在との間の領域に佇んでいる。(林敦子)
  "a water J"
Atsuko Hayashi - photogram
“Shape of water” series is made by using a technique called “photogram”.
Photograms are made by a camera-less process, thus enables to capture directly from the photographic paper, a different dimension of the vision.
Although plastic beverage bottles are containers destined to be disposed of, its form is extremely diversified.
I collected as many plastic bottles as I can, packed them with water and tried it on a device called “Photography”.
Exposed with light, the photographic paper reacts chemically and traces the diffusely reflecting water inside the bottles.
What emerges is a sort of expression of the intangible water, and also a trace of light which is invisible to the human eye.
“Shape of water” is in the region between the real and unreal.


西村勇人(写真)
特殊な環境と人間との関係性に着目しつつ、自然科学の研究現場での撮影を進めてきた。今回の展示では、国内外の研究者に開放されている物理実験用の粒子加速器を題材とした。加速器を訪れる研究者たちは、それぞれの研究課題に必要な実験の条件に応じて線をつなぎ変える。長年にわたる配線の蓄積は、秘められた宇宙の真理の一端を究める目的を共有した不特定の研究者たちの思考と営為の集積にほかならない。(西村勇人)
*タイトルの"Commons"には、たくさんの研究者たちの思考の"入会地"という意味を込めている。

Hayato Nishimura - photo
Nishimura has exhibited photographic works taken at scientific research sites, focusing on the relationship between special environments and human beings. In this exhibition, he focused on particle accelerators for physics experiments open to researchers. Researchers visiting the experimental facility will change the lines according to the conditions of the experiment required for each research theme. The stacking of lines that have continued to change shape over the years is no different than the accumulation of thought and acts of unspecified researchers who shared the purpose of investigating a part of the truth in the universe.



2019年04月26日(金)〜5月6日(月・祝)21日(日) 11~19時(最終日は17時まで)・4月30日(火)休み
26th April - 6th May
gallery hours : 11~19:00 *11~17:00 on 6th May
closed on Tuesday 30

room A=マリア・ゲルベロフ個展「キョウト」 / Maria Guerberof "Kyoto"
room B=牧野和馬個展「壁」 / Kazuma Mkino "The Wall"



マリア・ゲルベロフ(写真、写真集)
 このプロジェクトは私の感覚的な経験 - 純粋に個人的、直感的、不完全 - の証明であり、何世紀も前の私の存在の遠い過去とつながる企画です。これらのイメージは魅惑的な状況、鏡のような繰り返し、そして無限の年月を蘇らせます。まるでホルヘ・ルイス・ボルヘスがこの風景を象って、それを不滅にする夢の中で私に尋ねたように。
 外国人として、私は過去の日本を人の話に頼って想像するしかできませんが、それでも私は京都との強い不思議な関係を感じます。私はどの崩れかけている土塀にも、その古い痕跡、風化された傷瑕の物語を読みとります。深い地下から這い上がる木々の根が荒々しい力で舗装をつきやぶる。生きて死んで再び成長する緑色の植物性の表面。変化は絶え間なくゆっくりしており、過去は、自然が現代の都市を追い越す中に存在しています。このプロジェクトを編集している間、京都は理性ではなく直感でしか体験できないと気づきました。私は一歩一歩彷徨う背後にある千年の絶え間ない秘密の戦いを感じるのです。私の写真表現はジェスチャー(表示行為)です、知性を超えた方法で他者に神秘の真実を届けることです。私にとって写真は常に神秘的な体験でした。奇妙な状況や素晴らしい人々が登場し、私と私のカメラには不可解なことが起こります。それは毎日私を驚かせ続ける探検です。
 現時点では、私は特に画像の肌合い(テクスチャ)と触覚的である質感に興味を持っています。これらの側面を強調するために、同一の被写体を写真集、ジークレープリントによる写真、映画そして舞踏パフォーマンスを作り出すことに決めました。同じイメージの異なった認識を生み出す新しい挑戦です。(マリア・ゲルベロフ)
 ブエノスアイレス出身、ロンドン在住。
*個展会場では、プリント作品と同シリーズの作品による写真集を展示します。
*映像作品
*舞踏作品(映像は、ロンドンでの前回の公演。アジアン・パフォーミング・アーツUKの創設者であり、現代舞踏ダンサーのフロール・ゲルベロフによる振り付け)

Maria Guerberof - photo, book
This project is a testament of my sensory experience ― purely personal, intuitive, imperfect ― and connected with a remote past of my existence centuries ago. The images recall enchantd circumstances, mirrored repetitions and infinite time. As if Jorge Luis Borges had shaped this landscape and asked me in a dream to immortalise it.
As a foreigner, I can only imagine Japan’s past from others’ stories, yet I feel a strong magical connection to Kyoto. I read stories on every ancient wall, in their aged marks and weathered imperfections. Tree roots breaking the pavement with brute strength, emerging from deep underground. Green vegetative surfaces that live and die and grow again. Transformations constant and slow, details of the past made present as nature overtakes modern urbanisation. While editing this project, I realised that Kyoto can be only experienced intuitively, not via logic. I feel the constant secret battle of millennia behind each step.
My photographic practice is all about gesture: making magical truths visible to others by means beyond the intellect. Photography has always been a mystical experience for me: strange situations and wonderful people appear, inexplicable things happen to me and my camera. It is a constant search that keeps surprising me every day.
At the moment, I am particularly interested in the textures and haptic qualities of images. To accentuate these aspects, I have decided to produce a book, prints, film and Butoh performance, each format a new challenge generating different perceptions of the same images. - Maria Guerberof
*FILM(PASSWORD:testkyoto)
*BUTOH PERFORMANCE(Previousehibition performance in London.A new exclusive “Kyoto” choreography by contemporary Butoh artist Flor Guerberof, founder of Asian Performing Arts UK.)


牧野和馬(写真)
壁は日常の生活の中、自然との境界をなしている。
それは身近な存在でありながら意識の外にあり、誰も気に留める存在ではないのかもしれない。
人為によって作られた壁は、人の介在しない時間もずっとそこに隔たりとしてあり続け、意識の外で繰り広げられる時間の蓄積を感じる。(牧野和馬)
*4月1日より、ニコン新宿フォトプロムナードにて展示(巡回)。「新宿フォト・プロムナード」は、プロの写真家がニコン製品で撮影した作品を展示するスペースです。
新宿フォト・プロムナード:04月1日〜末日
大阪フォト・プロムナード:05月11日〜06月10日
名古屋フォト・プロムナード1:06月21日〜07月20日
Kazuma Makino - photo
The wall forms the boundary with nature in everyday life.
It is a familiar existence, but it is out of consciousness. Perhaps it is not a kind of existence that anyone should pay attention to.
Despite being artificial, the wall continues to exist as a way to separate human lives from nature, even when people do not intervene.
To that fact, I feel accumulation of time spread out of consciousness.



2019年05月10日(金)・11日(土)・12日(日)11~19時(最終日は17時まで
10th-12th May
gallery hours : 11~19:00 *11~17:00 on 12th May
中山邦子 映像インスタレーション「干渉」 / Kuniko Nakayama "Interference"



万華鏡の映像を複数の半透過スクリーンに投影した映像インスタレーション。
実際の万華鏡を通して撮影された実写映像で、撮影に使用した万華鏡は万華鏡作家の指導を受けて作者がオリジナルに作成したもの。
映像内容は万華鏡による60°鏡面複写画像が次々に動いていくグラフィカルな作品。
モチーフは同心円で、交差するうちに干渉によるモアレが生じ、時に複雑な動きが現れる。
スクリーンは粗い麻の織物で、幅1m長さ2m、5〜60cm間隔で4枚を天井から吊り下げている。
サウンドはオリジナルに収集した自然音(水滴、浜辺の波音、風鈴、虫の音など)による構成。(中山邦子)


Video Installation projected on several translucent screens with background sounds.
Contents are graphical movies by using a real kaleidoscope which is originally made by the artist.
The motif is concentric circles. They cross each other, transform moire images and make complex movement.
Screens(1m×2m) are 4 loose fabrics made by hemp thread, hung from ceiling.
Sounds are composed of natural sound(water drops, beach sound, wind bell, song by insects) by the artist.

経歴
1946年 大阪府堺市に生まれ
1969年 京都工芸繊維大学工芸学部意匠工芸学科卒業
1970〜73年 (株)西武百貨店建装部 勤務
1994〜2017年 中山インテリア研究所 主宰
1994〜2017年 非常勤講師 武庫川女子大学 他3校
2005年〜 関西インテリアプランナー協会 理事 副会長等
作品発表
●動画・インスタレーション
2013年 PARIS DESIGN WEEK 2013 Japan Style & Design Now展(Galerie Gosserez,Paris)
2013年 パリデザインウィーク帰国展(京都弘道館)
●絵画 2004年 滋賀県展 特選
2006年 アート未来 新人賞、大津市展 市展賞
2010年 上野の森美術館大賞展 入選
2015年 アート未来 大賞



過去の展覧会は、以下のページでご覧いただけます。


2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年※準備中